ジャパンカップ女子ソフトボールアメリカと決勝

ソフトバールのジャパンカップの決勝が宿敵アメリカと試合となりました、勝てば連覇の日本、初回に先制されるものの、裏に日本ホームランで同点、接戦の中4対1で最終回を迎えました、しかしここから粘り、ノ—アウト満塁のチャンス、まずはワイルドピッチで、2点差に、続くバッターがレフト前にヒットで1点差に、さらに満塁で押し出しでついに同点に追いついたのです、最後はセンターに大きなフライを打ち、3塁からタッチアップでサヨナラゲームとなりました、これでジャパンカップ2連覇です。昨日のリーグ戦予選ではアメリカに敗れ、準決勝では、オーストラリアに勝、今日の決勝、アメリカとは常に接戦を繰り返していますが、力と力の勝負ですが今日の日本の最後は強かったですね。日本は3年後の東京オリンピックに向けて、既にスタートを切った事が分かるような試合でした、最後まであきらめない良い試合ができ、若い選手とベテランが共に戦う姿を見て、オリンピックが楽しみになってきました。それにしても女子の野球も強いし、ソフトボールも強いですね。料金 脱毛ラボ