久しぶりに女性を誘って代物屋さん周りをしてきました。

今日は久しぶりに母さんと一緒に出かけました。
僕がいるところから20食い分ほどの場所に、何軒も製品屋氏があります。

製品が好きな母さんと僕で製品屋氏周りをしてきました。

しかし、これは珍しいことです。
僕から母さんを誘ってどこかに立ち寄ることは滅多にありません。だって、後ろめたいのです。

ですが、今日はちょっと母さんと行ってみたくなり、僕から誘ってみました。

僕がマイホームまで自家用車を運転し、母さんを迎えに行きます。
いつも装備が鈍い母さんですが、今日はきちんと調節が済んでいました。

母さんがアシスタント座席に座り、僕が運転します。
その眺めが何故か不思議に思えました。
小さな頃は抵抗たったけど、今は僕が運転してるのか…と、妙に遅まきながらして近頃いました。

話しながらの20食い分は本当に素早く、ぱっと製品屋氏に到着しました。

こういう製品屋氏は新しくオープンしたお店頭のみたいでした。
フレグランスの臭気と、ボサノバのBGMが心地良かっただ。

しかし、母さんの好みのものはなかったようで、次のお店頭へ自家用車を走らせました。

二軒目線のお店頭は、喫茶店が併設されていて、Lunchが食べられます。
胴が空いてきた母さんと僕は、製品を見る前にLunchを取ることにしました。

カリキュラムを開くと、10各種以上の野菜が入ったカレーの画が凄まじく描かれていました。

「いざ、それに決める」

母さんと僕は、ほぼ同じタイミングでカレーに決定しました。

注文してしばらくすると、お皿も盛り付けもおしゃれなカレーが運ばれてきました。

食欲をそそるスパイシーな香り、コクの生じるルーと五穀アメリカが、いやに合いおいしかっただ。
いつかもここで食べようと、母さんと保証しました。

お腹いっぱいになった母さんと僕は、それから二軒、10食い分ほど移動して一層既にゼロ軒行きました。

今日は、何も買わなかったけど、やけに楽しい一日でした。
また、母さんを誘って行きたいと思いました。シースリー アフタークリーム